WOODPROは建設現場で使い古された杉足場板をアジのある内装用素材として再生販売。エコカッコイイ国産の天然素材です!
Top > 4杉足場板(古材) > 105版画室
105版画室
東京ドームの程近く、隠れ家のようなすてきなアトリエがあるとうかがい、お邪魔しました。
その名は「105(イチマルゴ)版画室」
エントランスを入るとすぐに目に飛び込んでくる、真っ白な壁と天井に、使いこんだ足場板の床。なんともセンスのいい、おしゃれな空間が開けています。
手前部分がミーティングや休憩をしたりする、いわばリビングスペース。左手奥に見えるのが制作スペースです。
美しい色に染め上げた布が、ふわりと天井からさがり、無造作に置かれた額には、
色とりどりの版画の作品が心地よく並んでいます。
机や道具が並ぶワークスペース。洗面スペースでもある後ろの壁には、鋼板がそのまま貼ってあります。
天井、床、壁、と、それぞれ異なる内装素材が、ちょうどよくお互いを引き立てあって、いいかんじ!
版画(シルクスクリーン)がメインのアトリエですから、絵の具が落ちるなんてことも、しばしば。
でも、すでに使いこんだ足場板の床なので、少々の汚れも全く気になりません。
傷も汚れも、味わいになってしまう足場板は、アトリエには最適素材まちがいなしですね。
こちらは、ベランダ。
都会の真ん中だというのに、目にいっぱいのグリーンが飛び込んでくるベランダがあるなんて、なんて癒されるんでしょう。左の写真のように、愛犬のKくんもすっかりお気に入りのようです。
近藤直子さん:版画家
この105版画室のオーナーは、とっても爽やかで美しい版画家の近藤直子さん。シルクスクリーンを始め、本の装丁画も多数手がけています。また新聞小説の挿画もされていたことがあり、最近は布を染めることにも力をいれているそう。
「色を扱う版画のアトリエという性格から、最初はすべて白で統一した内装を考えていました。でも、足場板を使ってみて、すごく全体の雰囲気がバランスよくなった気がします。本当によかったと思っています」と近藤さん。このアトリエは小学生のお嬢さんも、とても気に入っていて、学校から帰ったときには、まずこちらに寄られるのだとか。
お訪ねした後しばらくたってから、「リビング部分のテーブルも足場板のものにしました」とテーブルでくつろぐスタッフの写真を送っていただきました。確かに、シンプルな中にも、ほんのりと温もりのあるスペースになっているようです。
近藤さんの素敵な作品は、HPでもご覧になれます。

105版画室 
HP:http://www.ne.jp/asahi/105/studio/105.html
設計・監理:アーキテクト・カフェ
http://www.architect-cafe.sakura.ne.jp/project/045/list.htm
施工:エビスヤワークス
http://www.yebisuya-works.com/menu.html
pagetop
株式会社 WOODPRO 足場事業部
〒738-0202 広島県廿日市市峠245-33佐伯工業団地内TEL:0829-74-3716(営業時間:8時~17時)FAX:0829-74-3715

Copyright (C) 2008-2011WOODPRO Co.,Ltd. All Rights Reserved.