第一弾として登場したのが5mmにスライスした[T-5]杉足場板(古材)シリーズ。
使い勝手のいい厚みということもあって、いろいろな用途にご利用いただきました。
続く第二弾は、古材の芯(センター/コア)の部分に、独自の製法で再利用した [T-5C]杉足場板(古材風)シリーズ。
オリジナルの鉄サビ仕上げでほんのり黒っぽく仕上げました。そのまま使うも良し、ひと手間加えてオンリーワンの空間を作るも良し、素材としての可能性が広がりました。
そして第三弾が、こちらの [T-30N]杉足場板(古材風)シリーズと[T-15N]杉足場板(古材風)シリーズ。
新品(New)の足場板を再利用し、独自の製法で古材風に仕上げました。
これは、5mmで古材風に仕上げた[T-5C]杉足場板(古材風)シリーズのいわば厚板バージョン。
厚みに30mmと15mm厚が加わったことで、一般住宅や店舗の床材、壁材としてもご利用いただけるようになりました。

● (板の反り等)
いわゆる無垢の一枚板ですので、無垢材がゆえに多少の反りや割れはあります。
幅方向の反りについては、木の特性として木表(表皮に近い方)側に両端が反り上がる傾向がありますが、これに関しては無垢材の特性とご理解ください。 長さ方向の横反りは、板を並べてご利用になると隙間となりますので、最終選別の段階で一目で反っていると分かる程度のものは除去してあります。

● (表示寸法の誤差)
表示寸法はその他の足場板シリーズと違って加工時の寸法となります。長さ、幅、厚み方向でそれぞれ1mm程度の誤差があります。

● (現場施工の際の注意点)
屋外での天日乾燥ですので含水率が18%程度となります。ご利用される条件にもよりますが、施工後に更に乾燥が進み、隙間が生じる場合もありますので予めご了承ください。
[アジのある杉足場板NEWS] 2009.03.26 含水率と隙間の関係